賃貸経営専門不動産会社   競売代行、任意売却、建築、ファイナンシャルプランニング、相続まですべて対応

株式会社田丸ビル

家賃保証会社

一般の方

当社指定の家賃保証会社でお願いします。
※保証会社は4社の各種プランからご利用できます。
 <居住用物件>
①CIZ宅建保証
連帯保証人有プランでは初回保証委託料は月額家賃合計の67.5になります。(保証委託料は初回のみ必要でその後の更新料は不要で退去時まで保証契約は有効です。)連帯保証人無しの場合は別プランになりますので別途ご相談ください。外国人の方は下記保証会社をご利用ください
 
②宅建ハトさん保証
原則連帯保証人が不要です。
5プランから選べます。
(1)初回保証委託料月額賃料の50%+2年毎に10,000円の保証委託料
(2)初回保証委託料月額賃料の60%+2年毎に10,000円の保証委託料
(3)初回保証委託料月額賃料の70%のみ(年間保証委託料なし)
(4)初回保証委託料月額賃料の15,000円~+2年毎に10,000円の保証委託料(既存からの切替)
(5)初回保証委託料月額賃料の100%+2年毎に月額賃料の20%の保証委託料(事務所・店舗付住宅プラン)
 
<事業用・店舗物件>
①CIZ宅建保証
連帯保証人は賃料が15万円以上の場合は原則2名必要です。
1名は代表者の方でもう1名は別居の親族の方。
初回保証委託料は月額家賃合計の67.5になります。(保証委託料は初回のみ必要でその後の更新料は不要で退去時まで保証契約は有効です。)
 
②宅建ハトさん保証
2プランから選べます。
(1)初回保証委託料月額賃料の100%+2年毎に月額賃料の20%の保証委託料
(2)初回保証委託料月額賃料の110%+3年毎に月額賃料の30%の保証委託料
連帯保証人は代表者の方のみで保証委託契約を締結できます。
原状回復費用1ヶ月分の保証があります。
※必要書類
・会社謄本
・直近の決算書(確定申告書表紙+貸借対照表+損益計算書)
 新規開業(これから会社設立)の場合は預金通帳のコピーと事業計画書
・代表者の方の顔写真付身分証明書(運転免許証表裏)
・会社の印鑑証明書(申込時は不要。契約時に必要となります。)

外国人の方

外国人の方はプランBの保証会社をご利用ください。
初回保証委託手数料:居住用は月額賃料合計の75(事業用は100%)
※更新料保証・原状回復特約付
年間保証委託料:10,000円

専用の保証会社と保証委託契約を結んでいただきます。(保証会社:グローバルトラストネットワークス)

 
外国人の方で入居申し込み時に必要となる書類・情報
留学
 ①在留カードor外国人登録証明書(表裏)
 ②家族緊急連絡先(必ずご両親)
 ③日本国内緊急連絡先(外国籍可)
 ④以下の中から1つを選択 
  (1)在学中の場合は学生証(表裏)
  (2)進学の場合は合格通知書or入学許可証
  (3)就職の場合は内定通知書or雇用契約書
  
就労
 ①在留カードor外国人登録証明書(表裏)
 ②家族緊急連絡先(ご両親orご兄弟)
 ③日本国内緊急連絡先(外国籍可)
 ④以下の中から1つを選択
 (1)在職中の場合は給与明細(直近3ヶ月分+社判入)or源泉徴収票(現勤務先最新)
 (2)転職の場合は内定通知書or雇用契約書
  (3)休職中の場合は通帳のコピー(名義ページ+1週間以内の残高ページ)
  
日本人の配偶者・永住者の配偶者、家族滞在
 ①在留カードor外国人登録証明書(表裏)
 ②家族緊急連絡先(ご両親orご兄弟)
 ③日本国内緊急連絡先(ビザ発行元の方)
 ④以下の中から1つを選択
 (1)在職中の場合は給与明細(直近3ヶ月分+社判入)or源泉徴収票(現勤務先最新)
 (2)転職の場合は内定通知書or雇用契約書
  (3)休職中の場合は通帳のコピー(名義ページ+1週間以内の残高ページ) 
 
永住者、定住者、特別永住者
 ①在留カードor外国人登録証明書(表裏)
 ②家族緊急連絡先(ご両親orご兄弟)
 ③日本国内緊急連絡先(外国籍可)
 ④以下の中から1つを選択
 (1)在職中の場合は給与明細(直近3ヶ月分+社判入)or源泉徴収票(現勤務先最新)
 (2)転職の場合は内定通知書or雇用契約書
 (3)休職中の場合は通帳のコピー(名義ページ+1週間以内の残高ページ)
 
特定活動(ワーホリ)
 ①在留カードor外国人登録証明書(表裏)
 ②家族緊急連絡先(ご両親orご兄弟)
 ③日本国内緊急連絡先(外国籍可)
  
外国人の方の契約時必要書類 
①パスポートコピー(顔写真のある身分事項ページ)
 ※JAPAN VISA査証ページは不要
②在留カードコピー(表裏)
③学生証コピー(表裏)
 ※学生のみ。発行前の場合は入学許可証、合格通知等


check@gtn.co.jpへ必要書類をメールでデジタル送信も可能
在留カード・学生証が鮮明に確認できるた為スピーディに!